• サイエンスウィンドウのTwitter
  • サイエンスウィンドウのウェブコンテンツ
  • 宙(そら)と粒との出会いの物語
  • 科学と技術のおもしろさを伝える 子ども科学技術白書
  • 未来の共創に向けた社会との対話・協働の深化
  • サイエンスアゴラ
  • サイエンスポータル
  • サイエンス チャンネル

2018 春号 (4-6月)

この号の目次へ戻る

[自然の豊かさって何だろう?]

生物多様性の基礎知識 Q&A

地球規模の課題であると同時に、地域に根ざした課題でもある「生物多様性」の保全。大小さまざまな取り組みがあるため、聞いたことはあっても、よく分からない言葉も多いのではないだろうか。生物多様性に関わる基本的な知識をまとめてみよう。


そもそも生物多様性って何だろう?

生物多様性とは、地球上の全ての生物の豊かな個性とつながりのこと。1993年に発効した「生物多様性条約」では3つのレベルに定義して、生物多様性を説明している。

生態系の多様性 さまざまな生態系が各地域に形成されていること。日本にも森林、河川、湿原、干潟、サンゴ礁などの生態系がある。
生態系の多様性
さまざまな生態系が各地域に形成されていること。日本にも森林、河川、湿原、干潟、サンゴ礁などの生態系がある。
種の多様性 動植物から細菌などの微生物にいたるまで、地球上に存在する生物種の多様性のこと。
種の多様性
動植物から細菌などの微生物にいたるまで、地球上に存在する生物種の多様性のこと。
遺伝子の多様性 同じ生物種であっても個体や個体群の間に遺伝子レベルで存在する多様性のこと。
遺伝子の多様性
同じ生物種であっても個体や個体群の間に遺伝子レベルで存在する多様性のこと。

「生物多様性条約」って何?

1992年に採択され、1993年に発効した国際条約。特定の地域・種の保全にとどまらず、生物多様性の保全のための包括的な枠組みとして、(1)生物多様性の保全 (2)生物多様性の構成要素の持続可能な利用 (3)遺伝資源の利用から生ずる利益の公正かつ公平な配分 の3つを目的としている。

日本ではどれくらいの生物が絶滅の危機にあるの?

世界的には熱帯などの地域で生物の絶滅が特に進んでいるが、日本国内でも、たくさんの生物種が絶滅の危機にひんしている。

▼絶滅危惧種となっている野生生物の割合
(環境省第4次レッドリスト2012年度)

絶滅危惧種となっている野生生物の割合(環境省第4次レッドリスト2012年度)
参考文献「めぐみの星に生きる〜生物多様性国家戦略2012-2020〜」(環境省自然環境局)

私たちの生活と生物多様性の関係は?

食料、エネルギー、衣料や住居の素材、薬品の材料など、私たちの暮らしは生物多様性がもたらす恵みによって成立しており、生物多様性は人間の生活においても欠かせないものである。

私たちの生活と生物多様性の関係は?

ニュースなどでよく聞く「COP10」って?

COP10は「締約国会議(Conference of the Parties)」の略称で、2010年に愛知県名古屋市で開催された生物多様性条約第10回締約国会議のこと。生物多様性の世界目標である「愛知目標」が採択された。生物多様性条約COP14は2018年にエジプトで開催される予定。

ニュースなどでよく聞く「COP10」って?

「国連生物多様性の10年」とは?

COP10で採択された「愛知目標」を達成するために、国際社会のあらゆるセクターが連携して生物多様性の問題に取り組むことを定めた2011年~2020年の10年間のこと。2010年の第65次国連総会において決議された。

世界の共通目標である「SDGs」との関わりは?

世界の共通目標である「SDGs」との関わりは?

世界のリーダーが2015年9月に国連サミットで採択した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた17の「持続可能な開発目標(SDGs)」は2016年1月1日に正式に発効した。17の全ての目標は直接的あるいは間接的に生物多様性と関連し、とりわけ14と15は明示的に言及されている。

目標14:海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する。
目標15:陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る。

生物の絶滅が増えている原因は?

生物多様性国家戦略2012-2020(平成24年9月閣議決定)では、生物多様性が失われる原因を4つの危機として整理している。

第1の危機「開発など人間活動による危機」
人間の活動が引き起こす負の要因。開発による生息・生育地の減少や環境の悪化、生きものの乱獲や盗採など。

第2の危機「自然に対する働きかけの縮小による危機」
第1の危機とは逆に、自然に対する人間の働きかけの減少による危機。耕作放棄や働き手の減少による里地里山の劣化、増えすぎた野生鳥獣による生態系への影響など。

第3の危機「人間により持ち込まれたものによる危機」
外来種や化学物質などを人が持ち込むことによる生態系への影響。

第4の危機「地球環境の変化による危機」
地球温暖化や気候変動、海洋酸性化などが、生物多様性に与える深刻な影響。完全には避けることができないと考えられている。

この号の目次へ戻る

バックナンバー一覧へ