Open the Window~サイエンスウィンドウと子どもたち~

さいたま市立芝原小学校

掲載日:2018年7月31日
小学6年生理科 単元:生き物のくらしと環境

学校の授業や科学館、地域での科学教育に、サイエンスウィンドウがどのように活用されているのかを紹介します。

主体的な学びで生物観察とタブレット学習を両立

サイエンスウィンドウを活用する授業が、さいたま市立芝原小学校教諭 横須賀篤さんにより実施された。

理科室に集まった6年生の児童は2人から4人のグループに分かれ、各グループに1台ずつタブレットが配られた。横須賀さんの指示で、タブレットで検索エンジンの画面を立ち上げ、 検索キーワードとして“Science Window”と入力していく。「小学6年生にもなると家庭で日常的にスマートフォンに触れている子も多いですし、日々の授業でも検索はしているので操作に問題はありません」と横須賀さん。

授業で使うのは、「土と生命」(2014年冬号)の特集記事。土の中にどのような生物が生息しているかを紹介した号だ。

続いて、横須賀さんが近隣の「かかし公園」(見沼氷川公園)の森で採取してきた腐葉土が配られた。それを透明な丸水槽に移し、観察がスタートする。

腐葉土の中にはダンゴムシなどの小さな生き物たちが生息している。それをつかまえてシャーレやトレイに移し、虫眼鏡で観察する。

中にはタブレットでサイエンスウィンドウの画面に見入る子も。土の中に生息するさまざまな生物の写真を見て、「あ、これいた」「この虫いないかな」などと周りの子と話しながら、観察を続けている。

観察が終了するとグループごとの発表でしめくくる。質問は「森の土を観察して分かったこと」「サイエンスウィンドウを利用して分かったこと」の2つ。多くのグループが生物についての感想だったが、「さまざまな虫がいて、それぞれが地球のためになっていることが分かりました」「虫などの生命がいなければ土ができない」といった、サイエンスウィンドウから学んだ内容についての発表も聞かれた。

腐葉土の中にすむ本物の生物の観察とサイエンスウィンドウ誌面での情報収集。子どもたちの自発的な興味関心を引き出せれば、理科の観察授業においてもタブレットの情報を上手に活用できることを、この授業は示してくれた。


「自分ができる範囲で子どもたちに自然体験をさせたい」と語る横須賀さん。今回の授業ではグループごとに自由に観察し、タブレットを使ってサイエンスウィンドウを資料として活用した。

「観察で感じたことをみんなで話し合い、席を離れてほかのグループとも交流し、タブレットで見た情報についても意見交換をする。一見騒がしく思えても、子どもたちは自分で答えを探す授業の方が、単に講義を聴くよりもずっと学びに対して積極的になるのです。それこそが学校で学ぶ意味だと私は考えています」

横須賀さんの理科教育の基本は「実物を見せること。実物がなければ写真、写真がなければお話でもいい。とにかく情報を与えることが大切です」

サイエンスウィンドウを、子どもたちはどう受け止めたのだろう。横須賀さんに聞くと、「中には専門的な内容もありますが、子どもたちは自分で取捨選択して読んでいたので、十分活用できるでしょう」。心強い言葉が、そう返ってきた。

子どもたちの感想(ワークシートより)

  • ページをめくるだけでたくさんの資料が出てきて驚きました。
  • 「土と生命」を読んで虫や微生物がいなかったら落ち葉が土にならないことも分かりました。
  • 「土と生命」を見て靴の下に思ったより虫がたくさんいるんだなと思いました。
  • 土の中の世界が分かりました。
  • 土の中にはダンゴムシがたくさんいて、落ち葉を返すとたくさんいたので驚きました。
  • 虫のおかげで私たちが生きていることが分かりました。
記事一覧ページへ