ScienceWindow 科学するこころを開くサイエンスウィンドウ

サイエンスウインドウ記事検索

  • サイエンスウィンドウのウェブコンテンツ
  • 宙(そら)と粒との出会いの物語
  • 科学と技術のおもしろさを伝える 子ども科学技術白書
  • 理科ねっとわーく 一般公開版
  • サイエンスアゴラ
  • 東日本大震災緊急座談会
  • 増刊号スペシャルコンテンツ 水を知る旅に出よう

子ども向けの本「もっと知りたい!わたしのからだ」

もっと知りたい!わたしのからだ

もっと知りたい!わたしのからだ

「もっと知りたい!わたしのからだ」の紹介

 誰にとっても身近な自分のからだについて、もっと知りたいと思ったことはありませんか?
 この本は、毎日の暮らしの中で、からだの仕組みやはたらきに疑問を持った小学生の翔太くんとみさきさんが、未来のスーパーロボット「カプー」の力を借りて、読者のみんなといっしょに、素朴な疑問と不思議を探究する物語です。
 朝起きて登校し、授業の後に家で眠るまで。一日の流れにそって、人のからだに関するさまざまな疑問を、豊富なイラストと読みやすい会話でひもときます。
(B5判/全84ページ/フルカラー/税抜き価格463円)
※本サイトから購入される場合は、税・送料込みで500円

誌面の活用などでわからないことがありましたらこちらをご覧いただくか、お問い合わせください。

編集部より

 現代は、遺伝子診断や再生医療など科学技術の進歩によって医療の環境を大きく変えようとしています。どのような診断や治療を受けるか、選択肢の拡大とともに、私たち一人ひとりが意思決定を迫られる機会も増えようとしています。みずからのからだと健康、さらには人間の命と社会のかかわりについて、これまで以上に科学的な理解を持つことが、いっそう大切になると言われています。
 本書は、新たなシリーズ「人のいのちを知る冒険」の一冊目として、からだの仕組みやはたらきについてまとめています。たくさんの専門家の方、学校現場の先生方にご協力をいただきながら編集し、学校の単元だけにとらわれず、子どもたちが生きていくために必要となる、基本的な理解と視点を育む内容を目指しました。学校で、ご家庭で、ぜひご活用ください。

配布について

本書は、各学校へお届けしている科学教育誌「Science Window」と同様に、各都道府県および市町村の教育委員会を通じてお配りしています。
学校単位で追加送付を希望される場合には、一度、所轄の教育委員会へご相談ください。
読者の主対象は小学校高学年から中学生です。ただし、高校生や大人も読める内容になっています。詳しくは入手方法のページをご覧ください。

本書を入手するには
本書の入手方法については、こちらのページの『もっと知りたい!わたしのからだ』の項目をご覧ください。
お問い合わせ
本書に関するご質問・ご感想などはこちらのページからお問い合わせください。

関連する書籍

理科や最新の科学技術に対する子どもたちの興味を育てることを目的に、2011年まで『子ども科学技術白書』を発行し、全国の学校にお届けしていました。子ども科学技術白書のウェブサイトもぜひご覧ください。